カードローンも相性がある

今では消費者金融だけでなく、各銀行もカードローンの展開に力を入れています。
メガバンクの三菱東京UFJ銀行を初めとし、ネット銀行からも楽天銀行やSBIなど
カードローンを展開している銀行がとても増えています。

カードローンを選ぶ際、まず必ず押さえるべきところは、限度額及び金利の設定です。
カードローンの場合、銀行系かノンバンク系かによってわかれます。
ノンバンク系は総量規制の関係から融資限度額が年収の1/3までと決められています。
銀行系は、規制がないため、最大500~800万円くらいを上限の最大金額として設定しています。

次に金利設定です。金利設定は設定上限額が高くなればなるほど、
金利が低くなっていきます。よって1~18%と幅があります。
ご自身が設定される予定の限度額の金利で比較しましょう。

最後に、利便性の面で比較します。ここで、ご自身との生活スタイルとの
相性が大切です。例えば毎月の約定返済時以外にこまめに繰り上げ返済を
したい場合は、手数料が無料のものやネットから返済できるものなど
を選ぶとよいでしょう。

このようにカードローンを選ぶ場合は定量的にかつ定性的要素も
加味し、ご自身と相性のよいものを選んでください。

 

おまとめローンを利用する効果

消費者金融などノンバンクの金融機関は金利が高く設定されているので計画的に利用しなければいけません。しかしネットで募集しているおまとめローン審査ガイドを参考にしてしまうと消費者金融が手軽にお金を借りれる内容が目立ちますし、駅前などに複数の消費者金融の自動契約機が設置されているので複数の金融業者から借金をしてしまいます。

複数の金融業者から借金してしまうと月の返済日も多くなりますし借金の管理もしにくくなるので返済が困難になってしまう事がよくあります。そんな時は複数の金融業者からの借金を一つにまとめるおまとめローンを利用するのがおすすめです。

おまとめローンを利用して複数の金融業者からの借金を一つにまとめると月の返済日も1回になりますし、借金総額も把握しやすくなります。また加算される利息を少なくする事も出来るので月々の返済額も少なくなりゆとりを持って返済していく事が出来ます。そのため借金をスムーズに完済する事が出来るという効果があります。

 

クレジットカードが直ぐ必要な人はアコムMasterCardなどの勤人信用貸に申し込むのも1つの手!

勤人信用貸が発行してるクレジットカードは審査合格基準の敷居が低く即日発行できるのが強みなので、信販系や銀行系の審査で不利になりがちな勤続年数が短い社会人にも好評です。特にアコムのMasterCardは勤人信用貸のクレジットカードでありながら老舗なので、初心者でも信頼して持ちやすい1枚に数えられています。

ただ勤人信用貸のクレジットカードは、キャッシングの限度枠を他のカードブランドほど高く設定できないのが唯一のネックですが、とにかく簡易な審査で足りない現金を一刻も早く手元に揃えたい人の要望に一番応えてくれます。

又、クレジットカードで借入返済実績を積み重ねる最初の1枚として所有するのにも勤人信用貸のカードは役に立ち、大手会社で契約できない学生や主婦でも申込がしやすいです。ちなみに勤人信用貸のカード審査の際は、消費者金融のキャッシングと同様に所在地を確認できる免許証や保険証の本人書類提示が必要になりますが、限度額が30万円程度までなら所得証明書は先ず不要です。

従ってスピード重視でクレジットカードを作りたい人や、今後の各種ローン審査を有利に進めたい人は、勤人信用貸から発行するのも良い選択肢の1つです。